山中伸弥教授のスピーチ掲載!

 『多聴多読マガジン』10月号に、京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授のスピーチが掲載されました。

 

 山中伸弥教授スピーチ ES細胞が持つふたつの特徴とは①

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見により、2012年にノーベル賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授が2008年のInternational Achievement Summitで行ったスピーチです。専門的な内容をわかりやすく説明していますので聞いてみましょう。(発売中の『多聴多読マガジン』10月号でより詳細な記事を読むことができます)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​☆彡 おススメリンク
🌠 アーカイブ

September 25, 2018

September 19, 2018

Please reload